釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< はいどうも | main |
# ベイトショアGT

はいどうも、思ったより遅くなっちゃったね

では、旅の話をしましょう

 

今年も行って参りましたトカラ列島諏訪之瀬島

去年悔しい思いをしたので一年準備してきました

 

 

今回は2航海滞在するのでさらに大荷物

120Lと60Lのバック二つがいっぱいです

飲み水も10ℓ持って行ってます

 

 

ロッドはこの2本

下のは新調したライト用ベイトロッド

 

 

リールは4台メインはソルティガ

と言うかもろもろの事情でソルティガしか使わなかったので

ソルティガのみラインシステム書いとくね

 

ソルティガLD50HS

メイン アバニSMPGT10号 250m

ミッド SSアシスト40号 20m

メイン オーシャンレコード220lb 4ヒロ

 

それぞれデンタルフロスFGで結束

SS部のみ補強ヒッチ有り、ルアーとはスプリットのみチューブノット改で結束

 

 

 

こうしてフェリーに乗り込みます

 

 

今年からフェリーとしま2にリニューアルしました

個人的に好きだったデッキがなくなって少し寂しい

 

 

寝台はさらに狭くなりました

今回は人も多くてこの部屋全てが埋まってておふって感じ

 

コンセントが配置されたので五分五分だね

 

 

 

2Fに上がる階段かっけー

こうして夕飯を食べ翌日を待ちます

 

翌日少し早めに諏訪之瀬島到着

 

 

一年ぶりに見る秘境

 

 

新艇になっても相変わらずかっこいいフォルムしてんね

 

 

今年も民宿ヤマキさんにお世話になります

 

 

案内された部屋も一緒でわろち

取りあえずお土産を渡して荷解き

 

 

今年はレンタカーも借り島を巡ります

 

 

一日目は爆風

台風5号の余波でリーフはババ荒れ

こういう特は取りあえずキャス練、と言うかアップ

 

 

特に問題もなくいつも通りといった感じ

去年よりは飛んでる安定性も高い

 

宿で夕食を頂き19時に堤防入り

明るいうちはポッパーと言う定石らしいけど反応ないので梅雨ブギィにチェンジ

 

あっ、もちろんすべてバーブレス化済みね

 

 

休むことなく0時まで投げてみたけど周りも反応無し

10分程と休憩をしていると地元の方が10堋のGTをキャッチ

 

再びキャストをするとぐんっ、と当たり

即合わせを入れてすっぽ抜け...送り込まないといけないので皆さまも注意しましょう

 

2時頃に再び当たり

今度は持って行くまで送ってフッキング&ゴリ巻き

 

 

65僂離┘个舛磴

口と背中に掛かってたから大きいと思ったよ

抜き上げてキャッチ後にリリース

 

他の人のランディング補助の際にロッドライン交わしてたみたい

フツーに投げれてたので朝明るくなって気付いたよ

6時まで投げ倒して一日目終了

 

宿に戻りシャワーを浴びて睡眠

昼に起きて宿御主人からの衝撃の一言で最高の目覚め

 

「南に台風6号になりそうな低気圧があり私の帰る便は間違えなく出ない

明日の夕方にたまたま臨時便が出るからそれで帰った方がいいよ」

 

こうして6日の釣行日が3日に短縮決定

と言うか荷物のパッキングから預けまで考えると

釣りが出来るのは明日朝まで

 

 

とりあえず磯いこ

 

 

ってなわけで草木をわっちゃわっちゃしながら目的地を目指すよ

 

 

もうちょいだねーってとこで行く手にヤギの大群

臆病だから逃げるよねって思ってたらまさかのタックル食らって草

 

一匹目をかわしつつ奥を目指すと2匹目3匹目がヘドバンしだしてもう大変

ロッドを折られると切なくなるので1匹目と再び対峙しつつUターン

 

 

宿に帰ると猫が

 

 

いやメジロ不憫すぎでしょ

 

 

 

なんだかんだで再び夕飯を食べて堤防へGoGo!

前日好調だった45度は制圧されていたので堤防中ほどで釣り開始

 

ってかすでに港奥までトビが入ってるし今日はこっちでは?

キャスト範囲外でクソデカいサメがトビウオを食い荒らしてるし

最早ジュラシックパークかな?

 

とここで私のキャスト範囲内に4カウントでルアーに当たる

トビ集団がやって来ました

 

ひとまず回収してフルキャット

トビを感じつつ群れより落としたら2ジャークこの2セット目

急にルアーの抵抗が消え夜光虫によって水面が盛り上がったのが確認できました

 

食いあげたと判断、違和感を与えないようスラッグを回収

魚の噛む力&泳力のみでファスト8圓離疋薀阿出ていきます

 

姿勢を決めドラグを2ノッチ上げ11圓貌れフッキング

途端にラインが引き出されます、これで止めれずブレイクされた方を

もう何人も見たので無理でも止めます

 

さらに1ノッチ14團櫂献轡腑鵑貌れ体を振られながらも止まりました

※ライン放出量を合わせ後程計測したら16圓任靴

 

ポンピングで寄せますロッドを起こしリールを2回転

腕は最後まで残す為伸ばし身体でファイト

力む際も無呼吸状態にならないよう気を付け深い呼吸を心がけます

 

意外とあっさり寄ってきましたがここからが堤防際の攻防です

ルアーを堤防に擦り付け根掛り状態にされ、最後はメインをフジツボで擦って

ブレイクされる方もいらっしゃいましたが

私はロングリーダーまずその心配はないですね

 

堤防から引きはがしセットして頂いた落としダモに魚を向けます

 

 

入りました

 

 

 

無事に11925圓GTキャッチに至りました

ランディングの補助をして下さった皆様には感謝してもしきれません

誠にありがとうございました

 

友人計測でファイトタイム6分

撮影も1分かからず済ませリリース海中に戻るGTを確認して

取りあえず目標達成です

 

ルアーはGTの歯型だらけ

ヒット前にルアーをロストして新品の物を使っていたので

全ては1匹の歯型です

 

 

やっぱ咥えた状態で8團疋薀綾个靴討鵑世佑辰道が分かります

 

 

 

その後はトビが速めに消え堤防を静寂が包みました

他の方も明け方のキハダを狙うとの事で

持参したインスタントコーヒーを配ってみんなで地元釣りトーク

あの真っ暗な堤防で星明りの下語らった事はきっと一生忘れないでしょう

ある方からは繋がりのあるルアーも頂いてしまいました

 

 

大事に使わせて頂きます

次なる目標も出来たし改善点も浮き彫りにされました

来年までにまた改善して参ります

 

では

| comments(0) | - | 22:48 | category: 釣り |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:48 | category: - |
コメント
コメントする









Powered by TrendPost
Selected Entry
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links