釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トカラでアジング! | main |
# トカラ準備とか改造とか

やあやあ久しぶり!

 

 

 

トカラ帰って来てからつい先日まで入院&安静期間だったよ!

うんうん暇だったよそりゃもうね

なんか去年の10月くらいから目が急に内斜視になって来てね

なんだかんだで昔の事故の後遺症だってさ、ちぇーーっ

 

ん?上の写真はなにかって?

サーフで釣りしてたらなぜか一直線に突っ込んできたコウちゃんだよ!

ねぇ茅原くんコウちゃんだよ、そっくりだね!

そりゃもうがっちりハンドランディングさ

 

 

 

 

 

と言う事でトカラ列島準備編いこうか!

 

まずは投げ込みだねートカラ出発までの2週間

仕事終わりに前の川で50〜100投くらい投げ込んでました!

お世辞にも安定してるとは言えない僕のキャスティング

不慣れな場所で状況もよく分からないので感覚を叩き込むよ!

 

分かったこと?ブレーキがあんま良くない!

今更遅い!今年はこれを使いこなして乗り切ろうと決意

あとはお散歩民族からの視線が痛い、いやマジで

 

 

今回持ち込んだフックは全て手巻きしたよ

シングルフック信者になりつつあるぼくです

安売りしてたシャウトの6/0,5/0,4/0を買い込んでいたので

この際全部巻いちゃいました

 

 

ルアーのかっこいい集合写真が無かったんでこの一枚で

見ての通りだね、分かりにくいね

取りあえずリーフ周りは何にもデータが無いので下手にジグ引っ掛けて

貴重なSSロストーとか嫌なんでフローティング〜スローシンキングが主軸

梅雨ブギィは魔法のアイテムです行く際は皆も買おう!

 

 

SSはこれだけ持ち込みました!

40,30を使って50はフックのメインラインに使用したよ

 

ソルティガに使用したメインラインはこちら

何とこれがネトオクで格安で手に入り自分でもビックリ

なんなら存在自体忘れてて落札通知で気付く体たらくぶりよ

 

 

あとは焼けるような日差しから守ってくれる帽子だね

いっつも麦わら帽子を使っていたけど畳めないし持ち運びには場所を取ります

そこで見つけたのがっこの「チルバ」と言う帽子

横風にもそこそこ強く雨にも耐えてくれますなかなかいい奴です

問題点としては見た目が完全に怪しい感じになる事

 

 

主に事前準備はこのくらいかな?

あっ、あとは堤防ファイトは体重が正義なので太りましょう!

ちなみに出発前に58圓△辰紳僚鼎任垢帰宅直後は54圓砲覆辰討泙靴

ハードだね〜

 

 

 

 

さてとトカラから帰って来てからと退院してからの安静期間にしたことかな

 

まずはスペアスプールの購入

 

いやいや絶対居るでしょと思いつつ忘れていたので今回の釣行はドキドキハラハラだったよ!

おっ、この写真で気付いた方鋭いですね!そうなのです

 

 

通常プロトモデルにのみにされているレーザー刻印されたものが来ました!

やー嬉しいですね〜付けたら見えなくなっちゃいますがモチベが上がりますね

 

こうして比べると一目瞭然、右が通常版です

 

 

そして暇&目を酷使できないので短時間ちょっとずつの読書

 

キンドルで見つけた「磯の作法」と言うタイトルの個人ブログをまとめ

書籍化された作品です

内容はイソでのスタンダップファイト探究記録となってます

いやー内容は一言で言い表すなら生々しいかなー

トカラ行く前に読まなかった事を激しく後悔

 

 

 

それから行く前に判明したブレーキの不具合対策だねー

 

今現在の渦電流型ブレーキだと磁束がキャスト中一定なので

リリース直後の高回転時にブレーキ力を合わせると後半の低回転時に伸びが悪くなり

逆に後半に合わせると前半に強いサミングが必須となります

今回は後者のセッティングで臨みましたがグローブに一晩で穴が開きました

これはさすがよろしくないので

 

外部可変可動マグブレーキver.3編スタートですね!

要は高回転時にのみ磁束密度が上がればいいのです簡単な話です

A7075回転体に対して引っ張られる現象を利用してみようと考え

写真すらない簡単なプロトをいくつか作り完成した多少まともな物がこちら

 

左側のやつですね、右はいままで使ってたやつだよ

 

これが通常時〜低回転時の状態です

この外周面上にアルミリングを設けてそのアルミリングが回転すると

回転方向に対して磁石が引っ張られる動きをしますね

 

それを利用して

このようにハウジングを開きます

ポリカの平板にスプリングを設置しPOM樹脂のハウジングから出た突起が

スプリングを押して一定回転数になると元の状態に戻ります

この動作により高回転時は磁束密度が高まり低回転時は伸びが出せます

 

 

この動作を行うためにスプールにアルミリングを取り付けないといけないのですが

そんなスペースなどないので

 

前回 と同じ加工を行いリングの代用とします

軽量化もできて一石二鳥だね!これよりスプール本体重量は69gとなったよ

 

 

組み込むとこんな感じ

何回か前の川で投げてみたけど前よりは断然いい感じ

まだノーサミングとまではいかないんだけどこれも調整したら達成できそう

 

いやー加工は楽しいね〜

では!

| comments(0) | - | 20:29 | category: リール改造・メンテ |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:29 | category: - |
コメント
コメントする









Powered by TrendPost
Selected Entry
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links