釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ストロングマインドでタコ | main | やっと2 >>
# タコ三昧

やあうんどうも

前回のタコ記事以来タコのパターンを掴んでしまって仕事帰りにも

タコを釣るしまつになってしまいました

 

タコやんを使ってますが思ったよりボディー強度があってなかなか重宝してます

しかし時たまに現れる岩陰に潜むデカタコくんには歯が立たず

フッキングした瞬間にタコが岩から剥がれずフックが伸びてしまいました

そこで釣具屋さんで太めの針を買い換装しようと考えながら店内物色してますと店員さんから

「テンヤにおもちゃを巻いて釣れば面白そうじゃないすか?」

的な事を助言してもらいなるほどねと

 

そんなんで夜をふかしながらいじいじしてました

「コロス..タコ..コロ..ス...」

そんな記念すべき一作目がこのタコやんならぬタコチェイサーです

後ろの黒いのは発泡スチロールで水中での姿勢安定に一役買ってます

 

「コロシテ..コロ..シ..t」

二作目はララペンおんざテンヤな一品、ララテンです

磯でミスキャスってパーンッ‼ってなったララペン君を縛り付けたまさに怨念の塊

後ろの貫通ワイヤーがいい仕事してますな

磯では圧倒的な操作性とアピール力を誇るララペンはタコでもその真価を発揮するのかが

見ものです。

ついでにカルコン400のドラグシステムを最大値である14圓望紊欧泙靴

これをすると最低値が4堋になりなおかつあまり緩めるとプレートとボディーが

干渉してしまうので普段は2枚カーボンクロスワッシャーを使って使いやすいドラグシステム

に設定しています

 

さっそくゲテモノを携えてモンスタータコとの対決に向かったのですが

化け物みたいな双胴船がアーム突き立てて根に張り付いてたのでいつものポイントが

使えなくなってしまいました

さすがに船には勝てないので移動してタコチェイサーから試していきます

40m程飛ばしてずる引きやリフト&フォールを繰り返すも反応が無く

サクッと釣ってララテンを試したかったのですがそうは上手く行きません

謎の濁りが原因なのか分からぬまま流れが比較的早いエリアを探してました

その後近い移動を繰り返しようやく流れの淀みを発見しましてん

しかし何度タコチェイサーを通しても反応が無く諦めて帰る前にララテンの

テストだけでもと投げてみました

その空気抵抗の少なさと独特の重心のおかげで驚きの飛距離です

ライン放出で80m程ですので60mエリアが探れます

 

そんな2投目でしたロッドに引きずられるララテンの感覚が伝わってきました

少し送り込んでフッキング&ゴリ巻き開始ヒットポイントが遠いんで緩めると

すぐに張り付かれます

そして無事にキャッチいやーララペンはホントにいい仕事します

足の太さを見て分かると思いますが1匹目よりだいぶ大きいです

計測の結果1.8圓箸覆なかのサイズでした

さすがララペンですタコにも有効とはジャンプライズ強しです

ちなみにテンヤはフックがぐらぐらになって殉職しました悲しいね

あと磯でパーンしたルアーでタコを釣って供養してあげると

なんかほっこりするんでおススメです。

 

では

| comments(0) | - | 21:37 | category: 釣り |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:37 | category: - |
コメント
コメントする









Powered by TrendPost
Selected Entry
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links