釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< HGC-83∞R ストロングマインド着弾 | main | ベイトロッドビルドその1 >>
# 靴下やんけ
やあやあうんうん
先週頭の寒さが嘘のような温暖な週末でしたね
寒波は嫌ですねうちは水道管破裂してえらい目に合いましてん
さて今週末の釣り事情でも書き上げましょうか

昨日は以前の記事で登場した fujiさん のリール改造から一日が始まりました

こんな感じ
陽気も手伝ってくれて庭でのんびりやってました
今回はカルコン301のハイギア化とドラグクリック機構追加を行いました
ついでに並行してカルコン201のオーバーホールレクチャーもしてます
しかしクリック機構の方がうまくいかず結局fujiさんが微調整して完成しました
また今回もいろいろと頂いてしまってありがたいです

そして午後からは仕事でいろいろとお世話になってるsugiさんとカマスフィッシングに

着いて早々カマス引っ掛け集団に絶望するsugiさんの図(上の足)
sugiさんがよくわからないスピニングタックルでカマスを狙い
ぼくがストロングマインド+カルコン400でショアジギしてました
ボトム〜中層を探っている僕にも全くカマスが当たらないのでおそらく表層付近まで
逃げて来ているのでしょう
sugiさんもこのタックルを投げてみたいとの事で貸してみましたら
ベイトタックル初挑戦のはずなのに70mくらいぶん投げてました

sugiさん 「これ使いやすい」
あーーじろ「いやー流石のセンスと怪力ですなー」

3時ごろから僕が探る層にもカマスが入ってきてsugiさんも釣れだしました
結局全部で10匹ほどをキープしました内4匹はぼくのスレですが
sugiさんは48僂箸いΕ咼奪哀汽ぅ困鬟ャッチしてました初めて見たよあんなの


6時から別の用事があるとの事でしたのでsugiさん帰宅後はボイル撃ちをしようと待ち構えてました
次は青物行きましょうね?


この装備で5時間程投げ続けましたが意外と疲れないものです
バランスを取ったお陰でしょうか鈍感だから疲れないのでしょうか
結局最後まで大きなボイルは起こらず単発でショゴが跳ねてました

そして今日は9時頃からfujiさんと方剤サーフへ
ヒラメ狙いでサーフ入りしましたがついて早々波の高さに笑えます
濁りも入っていて「シーバスしよう」と心の中で決心してました

久しぶりにこっちのタックルですめっちゃ軽く感じますはい
ヒュージ81とカルコン250DCの黄金コンビ久々の復活
この装備でハゼ(2僉法船轡ぅ蕁115僉砲泙妊バー出来ました

で画像の通りライン足りません28gのぶっ飛び君が気持ちよく飛んで行きます
最近はストロングマインドに体を慣らすべく水入りペットボトルつけて投げまくると言う
無意味な行為にハマったおかげでスイング速度上がったみたいですな
PE4号130mが簡単になくなりました
久々にDC投げましたがこれはブレーキ掛かりすぎますねー
カルコン400に慣れてしまって感覚取り戻すのが大変でした
まあ遠投したところで釣りが上手いわけでもなく
投げど投げど何も当たらず結局フグ1匹で終了です

その後はfujiさんにもペットボトルキャストを体感してもらうべく
2人でタックル変えてキャスト練習してました

なぜここだけトリミングしたし
過去の自分にどういった経緯でこの部分だけを撮ったのか説明してほしいですね
fujiさんタックルデータ
ロッド:fishman Beams 710MH
リール:カルコン301(ハイギア化・ドラグクリック機構追加)
ライン:PE3号+フロロ30lb

ぼくがアクション練習がてらララペン投げたりコニーベイト投げたりと
遊んでる間にfujiさんは軽量ルアーのキャストに挑戦してました
ぼくも投げさせて頂きましたがこのロッドはとても良いものでした

テーパー自体はヒュージと似ていて柔らかいティップ〜ベリー部と強靭なバット部で構成されています
ティップ部は低弾性20tクラスの低弾性カーボンかと思いましたがグラスで構成されているそうで
独特のくせになる良い張りを生み出してくれます
バット部は下手するとヒュージより強いですワン&ハーフの賜物です
ぼくも最終的にはワン&ハーフのロッドを使いだしてそこに落ち着くんだと思います
このティップ〜ベリーとバット間で相当な差があるため恐らくほぼ`く`の字型に曲がると思います
これでキャストウエイトに幅が出せるのでしょうヒュージがまさにそんな感じです
fujiさんまたその内行きましょうねー

夕方は近所にチニングでもと思いライトゲームです
タックルはマッドシーン70MHとスコーピオン1000XTのXG化したやつです
チヌかハゼかその辺釣りたいなとか思っていましたら

靴下釣れましたはい
トゥイッチしてたらぐにゃっときたのでマジで焦りました
がっつりフッキング決めてめっちょ恥ずかしい
散歩のおじちゃんに「なまこかい?」とか言われて世も末です


帰って使ったタックルの洗浄中
思えばタックル3セットとも使ったんですね
全部並べるのは何気に初めてですねいつの間にか増えたものです


あと10ftオーバーのロッドが1本欲しいと思っています
ネットで良さげなブランク見つけたのでいづれビルドもしてみたい
でもそうなるとリールが...

では
| comments(2) | - | 20:57 | category: 釣り |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:57 | category: - |
コメント
FUMIさんはじめまして!
そうですねーギア比の関係上ハイギアの方が同じドラグシステムではドラグ力が低下してしまいますね、恐らくHG品の方がドラグワッシャーが大きいはずですので移植が必要かと思います。
ただ3圓老擇なりすぎですねラインのみの逆転はしていませんか?
あとはドラグワッシャーにグリスは塗っていますでしょうか?シマノのドラグワッシャーは湿式ですのでグリスが無いと性能が発揮されません。
| あーーじろ | 2016/02/14 11:50 PM |

はじめまして、FUMIと申します。
カルコンの改造等参考にさせて頂いております。
突然で申し訳有りませんがお尋ねしたい事が有りご連絡しました。
15カルコン401を2機持っており片方はフルノーマルでドラグはカタログ表記と変わらずで7k程、もう1機をハイギヤにしたくオシアカルコン300HGのピニオン、ドライブギアのみを組み込んだらドラグは3k位で滑りだしました。
もしや15カルコンのギアよりオシア方が薄くなっているのでしょうか?
ヒラスズキに使用するので7k位になってくれたら良いのですが、ドラグパーツの交換等をした方が良いのかが分からなくて…
もし宜しければ誤指南して頂ければ助かります。
| FUMI | 2016/02/13 11:13 PM |

コメントする









Powered by TrendPost
Selected Entry
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links