釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カルコン400オーバーホール | main | 靴下やんけ >>
# HGC-83∞R ストロングマインド着弾
やあやあさーさー
やー大寒波到来だねうん寒すぎて釣りに行く気も起らないよ...うん...


とでも思ったか
そうですショアジギって来ました
ちなみにぼくとhiraさん以外誰もおりません


やーこの竿はキテます
追い風参考ですが120gジグを投げると180m程ラインが出ていきました
まあ投げても釣れないときは釣れませんね(吐血
hiraさんお疲れ様でしたそしてアイス美味しかったです

そうなのです新しい竿をとうとう買ってしまったのです
まあタイトルまんまですな

金曜日に荷物到着の連絡が入りそのまま受け取りに行きました
去年3月に予約してメーカーサイトとにらめっこしながら今か今かと待ちわびておりました
今回買った竿ですが
deps HGC-83∞R The strong mind
これはメーカーからも硬いだの強いだの曲がらないだの言われていましたが
ヒュージ81の時もそんな事を言っておきながらそうでもなかったので
迷いなく予約しちゃいました

持ち帰ってさっそく比較

左からストロングマインド、ヒュージ、スーパーレッドデーモンの並びです
最後のは弟君のですね

バット部比較


ティップ部比較


グリップ比較

ごつすぎるよ...もうカーボンの暴力じゃん...
こんな最早ヒュージさんが華奢に見えてしまうロッドですが
ついでに重量も測っておきましょう

もうすでにグリップにいろいろ巻いちゃってますがバランサー追加前
548gと多分元は490g以下だと思う


まあ許せる範囲でバランサー追加してこんな感じ
数値はかなりな重量になりましたがいざ持ってみると最初より軽く感じれます
まあグリップをわきに挟むスタイルなロッドですから皆さんはお気にせず良いかと


いつも使うリールをセットするとこいつはハラショーな重量だ
1.2圓肇劵紂璽厳時の+300gの重量になってしまいました


お庭で2團謄好肇ャスト
あー余裕だわーロッドからかなりの余裕を感じます
ぼくの方もヒュージでたまにボラとか投げてたので特に無理なくキャスト出来ました
んで昨日今日といろんなルアーとかペットボトルとか投げ倒してきました
結局ペットボトル投げるのが楽しくて1時間くらい投げてましたな
まあそれでインプレと言いますか感想なので流して頂いて結構なのですが

まあ当然ながらヒュージシリーズとはコンセプトがモロに違いますね
曲げて獲る、長時間ファイトもユーザーになるべく負荷を掛けずに優しくサポートしてくれ
軽量ルアーでも比較的柔らかい低弾性カーボンで形成されたティップ〜ベリー部で投げやすいのが
ヒュージさんとしましたら
短期決戦仕様、500g程度でようやくティップが入りだし60gでショアジギでもしようものなら
その圧倒的なパワーで相当な振り抜き速度を出さない限りキャストさえさせてくれない暴君が
ストロングマインドって感じっぽいです
まあ考案者のユウゴさんもそんな感じのこと言ってた気がしたりしなかったり

ぼくのようにこのロッドを磯での大型プラッキング・ジギングとか大遠投で使いたいとお考えの方が
居るかどうか分かりませんが僕からはおススメのロッドです
プラッキングもジャーク時のキレが良く出ますし
ジグもワンピッチジャークで凄いスライド幅が出ました

ぼくのようにヒュージ81だと物足りない、思ったアクションが出せないとお思いの方
きっとその圧倒的な暴力性に満足できること間違いなしですよー
最後にhiraさんと遊んでた時の動画張っときますね
ちなみに風は向かい風寄りの横風でした

ではではー
| comments(2) | - | 21:28 | category: 釣り・道具紹介 |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:28 | category: - |
コメント
再度コメント失礼致します。
上記コメントの件解決致しました。
これからもブログ楽しく読ませていただきます。
失礼致しました。
| モリモトコウスケ | 2018/07/18 2:17 PM |

コメント失礼致します。
楽しくブログを読ませて頂かせております。
少しご質問させていただきます。
こちらの記事のリールに取り付けておられるノブは
夢屋 CI4+ラウンド型ハンドルノブLだと思われるのですが、
私も同じように取り付けをしたく思っております。
現在、シマノBタイプ用のノブシャフトを探しておりますが、
まったく見つかりません。
こちらのハンドルのノブシャフトは自作されたのでしょうか?
もしくはシマノのリールから移植されたのでしょうか?
初めてで大変申し訳ございませんが、
お暇な時にでもお返事いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
| モリモトコウスケ | 2018/07/04 12:02 AM |

コメントする









Powered by TrendPost
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links