釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ベイトロッドビルドその2とかその辺
うんうんどうもどうも
まずみんな気になってると思う(?)ビルド中ロッドの成れの果てから


ダブルラッピング一段目のエポキシ硬化が終わり
ガイドが仮止めされている状態になりました分かりにくいですがスパイラルガイドになってます
本当はノーマルにしたかったんだよ?でもいざテープで仮止めして曲げてみたら弾性が高すぎて
ラインがブランクに接触しちゃうのさー

こんな感じ
下巻きをメタリックブルーで巻いてガイドフットを黒のCスレッドで巻いてます

前回書き忘れてましたが部屋にあったものでこんな回転台を作りました
少し芯が振れているのでチューブを差し込んでそれをチャックしてます
エポキシ塗りも硬化も捗るのであると便利

ついでにストロングマインドのリアグリップキャップをギンバル仕様の物に替えます
使わないかもしれないけどオフショアでキハダとかなった時にこのブランクに負けちゃいそうで


換装終了
これで大物にも安心ですね!(...ギンバル持ってないけど)
ついでに外に巻いてたウエイトもグリップ内に格納

最近見つけたかわいいステッカーも貼って伸縮チューブで保護
このロッドにぴったりのことわざが書いてます

リールもラインが少し左寄りに巻き取られていたのでワッシャーで調整しました
でもいざ持ってみたらリアが細くなりすぎたっぽい要調整ですな

あとはここにロックナット欲しい
やっぱフルキャストしてると緩んでくるのよ


早速テストキャストと行きましょう

やっぱ長い、いい長さだよ

max60gと所持しているロッドの中ではかなり柔い部類ですが慣れてくれば気持ちよく投げれます
長さ+柔さでリリースポイントがワンテンポズレますなうむ
ちなみにグリップエンドはストロングマインドから取ったものを流用して仮止めしてます
暫く21g程度のミノーをフルキャストしまくっているとなんかベアリングから異音が...
それでも構わず投げてますがそこそこ飛びます20g台はヒュージ+250DCより飛びます
感覚としてはフルキャストしても8割でキャストしても飛距離が変わらない気がする
この辺がブランクパワーの限界なのでしょうか

場所を変えてコチ君を狙ってました
イヤホンで音楽聞きながらぶっ飛び君95Sフルキャストしてましたらなんだか
飛距離が落ちてきたような...イヤホン取って投げたらリールからすごい音ですよ
メカニカル取ったらベアリングの破片が落ちてきましてん
OHの時にヤフオクでやっすいの買って取り替えたのですが皆さんは高負荷部にはいいの使いましょうね
ボックスの中にあったベアリングと変えて釣り再開するもノーバイトで終了

移動しましてたまたまやってきたhiraさんに動画撮ってもらい曲がりの確認です

28gのぶっ飛び君使ってます
おおーいい曲がりじゃんって思ってたら

折れそう
なるほどロッドベリー部が戻る前に振りぬいてしまい硬いバット部が押し出されて
バットパワーが生かせていないようです
今回そこまで早く振り抜いておらず、おまけに垂らしもロッドと同じ長さ取っているので
もうどうしようもないです...ガイド増やそうかな...

続いてストロングマインドのキャスティング
自作ロッド+35gジグセットとララペン165付けて投げ比べてみましたが圧勝でしてん
ブランクもそこまで曲がってないと思うのですがヒュージ+250DCより遥かに飛距離が出る謎をコマ送りで確認します

と思いましたら残像で見えませんでした...ウエイトはララペン70gです
もはやロッド持ってるのかどうかも見えませんし次回当たりレールガンの時使ってた1000fpsカメラで撮ってみます
いやhiraさん毎回ありがとうございます

と言うようなとこです
自作ロッドはなかなかクセの強いブランクを選びましたので仕上がれば面白い物になってくれそう
とりあえずリールをまともな物に替えてもう一度投げてみたいですな

では
| comments(2) | - | 21:06 | category: ロッドビルド |
# ベイトロッドビルドその1
やあどうも
最近出張とか自宅の補修とかで疲れてる気がするね

さてさて簡単に今してる事でも書いときます

単刀直入にタイトルまんまでロッド作ってます
確かいつぞ言ってた通りロングロッドが欲しかったのですよ
サーフとか磯ヒラとかであるといいなーと前々から思っていましたがなかなか欲しい製品が世に出てこず
作った方が確実と思っちゃいました


組みあがるとこういうイメージ
リールシートはブランクに直接触れる薄い物を選びました
となると必然的にロープロなリールを合わせる事になりますねー
今回は全バラOHして奇跡の復活を遂げたスコーピオン1500-7でバランスを取っていきます
ところがブランクの径が思っていたより太くEVAもリールシートも思ったとこまで
入ってくれません...


と言う訳でお得意の加工で事なきを得ました
ドリルで中ぐりしてやすりで整えて工具は大事ですな
たまに「コルクは使わないの?」と聞かれますが僕のキャスティングでも割れない
コルクが世に出てきたら是非とも使ってみたいとは思ってます
リアグリップとリールシートの距離は自分が最も使いやすい距離で設定してます
ヒュージ以上ストロングマインド未満で絶妙です


リールシート類を固定してバッド部にスレッド巻いてます
今回シンプルに青、白で巻いてますが正直白が無い方がかっこいい気がするんで
剥ごうと思いますね

既製品では出来ないガイドシステムとかも試して面白い1本に仕上げたい所です
では
| comments(3) | - | 23:36 | category: ロッドビルド |
Powered by TrendPost
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links