釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ただいま

やあやあただいま

久しぶりだねーなんか1カ月近く放置してたねーごめんね!

 

さてさて最近またちょっこちょこ磯に通っていましたが未だに結果が出ませんー

初日になかなかのビッグファイトがあったんだけどやられちゃった!

興味がある方はfimoの方確認してみてね!

もう悔しさむき出しで記事を殴り書いてるよ!

 

それからソルティガLD君の内部を隅々まで考察してみて最適なセッティングも導き出しました

しかし何度ばらしてもこんな部品点数でリールを構成できるのが面白くて仕方ない

そしてこの剛性!最近他の高機能リールをバラシてもなんだか物足りない...

 

ドラグ力上げた時に巻きが重くなるLDシリーズですが

一か所スラストベアリングに変更すれば良さそう最近は部品探しに燃えてます

0.05个離ラー挟むだけで生まれ変わるのでどうか見捨てないで...

向かい合ってあげてください素直ないい奴らです

 

ついでにハリネズミさんとこの強化スプリング買いました!

個人的に謎な商品でしたがやっと意味を理解引き込んでも浮いてるってことなのねー

でもそれだと7圓らいだと純正の方が巻きが軽いんじゃね?ってもんもんとしてましたが

これはこれでまた別のセッティングで万事解決しました

 

さてさてそれから

久しぶりにレールガンを一時的に再開します!

初速を上げすぎてもう満足してましたが海外の動画見てたらなんだか上がってきちゃって

対抗動画を1本撮って完全に引退します

 

ってな訳で今まで手を出さなかったオイルコン使いますね!

出所は言いません言えません!聞かないでね!

 

何度か試射してみましたが「まじで今までの意味なかったんじゃね?」

ってくらいのチート感はありました...

ちゃんと組めたらちゃんと編集してあげますのでー

 

ではー

| comments(2) | - | 22:55 | category: 電磁投射装置 |
# マンネリ化が進んで病まない
はい

最近というか最初からですが
記事の構成が似通ってる気がしてなりません....

趣味についてのブログなのである程度は仕方ないのですが
最近は一つの工作物に掛ける時間が増えて尚更な気がします


そこで今回は






一切反省することも無く小屋記事です
報告としては僕の部屋より明るくなりました!




一昔前に話題をかっさらって行ったLED電球を採用してみました
理由としては電力をあまりこちらには回したくないからです

結果としては唯一の心配だった光のスポット化もなく上々です





増税前の消耗品購入をしてましたら
トップバリューのLED電球が500円/個で売ってたので迷い無くいきました
作業小屋・防音室共に4箇所配置します
防音室にはまだ元から付いてる電球一つです


他には




防音室の正面側にまだウールを張っていなかったのですが
材料も入ったので再開しました

あと重量的問題で天井に波板を使うことにしたので
もう一層ウール材を積もうかと思います





作業小屋は作業机製作がスタートしました
サイズは3000×1000×800くらいの予定です
tについてはまだ変更があると思います

卓上加重が500kgを超えそうなのでそこそこ丈夫に設計してあります
ポイントに集中するわけでは無いので天板は38mmとしました
写真は天板の沈め加工です




あとはこんなグラインダーテーブルが安くであったので試しに買ってみました
この値段ながらワークスペースはアルミではなく鋳物で作られていました
要所によってゆるみ止めボルトが使われていたのは大きな加点です




M12ボルトは楽にいけます
机に使うボルトについて悩んで今したがこれがあれば捗りそうです


では

 
| comments(2) | - | 22:09 | category: 電磁投射装置 |
# やあやあ
どうも
ついこの前まで



手に穴空いてた者です





驚きの切削能力
あれですkuro-tohuの台作ってたらΦ12刺しちゃったパターンです






出来上がった作品
愛着湧きますね(意味深)


今では完全回復しましたし良い教訓になりました!
では後日談です


結局最後までプロジェクタイルは出ませんでしたー




会場を後にするkuro-tohu
寂しそうに見える気がしなくもないですね

それでも電気的には上手くいったので一通りのデータが残せました
トアさんありがとうございました


まず絶縁破壊時の電流波形ですが




かる〜〜く1KA流れちゃってるパターンです
外部磁界路全体を流れたようで、、、恐るべし


次にソレノイドスイッチ駆動に使われた電流ですが





170A・・・・
レールと比べれば抵抗もインダクタンスを大きいですし納得の値でしょう



あとはプラズマ元がスチールウール時の波形ですが





やっぱり封入エネルギーを増やしても電流量にさほど変化は無いですね〜
電解コンデンサでより大きな加速を得たい場合はその他の部分で埋めるしか無いですね

ある方に教えてもらった情報ですと
電解コンデンサ等でパルスエネルギーを扱った場合構造上の大ESRの関係上パルス時の大電流により内部のアルミ層が自壊を起こしてしまい
投入エネルギーの約半分がその自壊に持っていかれるそうです


これにより寿命の大幅な減少やその他もろもろのリスクが伴います
悪あがき程度の策は小型の物を大量に並列に繋ぐとかですかね〜

今回の実験後に一段目コンデンサの健康診断をしてみましたが
それ程大きな変化は見受けられませんでした
まあ拾い物コンデンサとはいえ低ESR品ですからね
2段目コンデンサは相変わらず容量が多くて測定不可でした




そして今回の実験で得られた最大の要実験点ですが
プラズマ元にアルミウールを使用した時の波形です
これが電解コンデンサの場合での実験ではかなりの要素になるかもしれません

確かにプラズマ化しにくいかもしれませんが
2段目突入時でもスチールウールよりかなりの電流量が稼げました

400v域の低電圧でのデータがまだまだ不足してるので今後の実験でデータを取っていきます


で、

小屋作ろうかと



えっ...とですねー、この前の射撃(誤爆)の際に鼓膜が破けまして
トアさんは離れて耳栓を付けていたので無事だったのですが

ぼくが左耳に耳栓を付けていない時でして・・・・


これから安全に実験をするなら制御室と加速室で分けて小屋を作るのがベストだと思い始めました
ぞくに言う消音室ですね


骨組みはほぼ0円で出来る予定なので
まあのんびり進めて行きます



では



 
| comments(6) | - | 22:28 | category: 電磁投射装置 |
# 合同実験2・3日目
起床





寝起きから作品を愛でられる環境も今日で終わりです
トアさんと合流してスケジュールを立ち上げます


二人ともかなり遅くまで起きていまして





頂き物のエネルギー飲料で何かしら補給しました
初めて飲みましたが反動がすごいですねw






本体総重量が110kg近くあるので分解して運びます
ついでに構造も説明していきます






本体が完成した所です
内部構造が無駄に複雑なので組み上げに時間が掛かります





プロジェクタイル
肉抜きも無く切り出しただけです
取り合えずといった所ですね







全ての配線が終了した所です
トアさんの測定機器も配置完了しています

で一回程加速させたのですが
思ったほどの加速がされませんでした、まあ理由はすこぶる簡単なのですがね
共有するほどの物では無いのでとりあえず実験しましょう


で、この後に2度ほど充電したのですが





なぜか200vで絶縁破壊しました
そして驚きの原因が切削中に付着した切削油だったんです・・・
金属粉の混ざった油は恐ろしいほど不安定です

外部磁界路を使用したこともありますがこれは難しい


これで2日目が終了しましてその後は午前3時まで理想の工作物について語り合うと言う
なんだかヤバげなことをしてましたw


そして頭が無駄に起きてて結局眠れなかったので





新しいプロジェクタイルを製作していました
無駄に肉抜きしてます

そしてお互いにほぼ徹夜のまま3日目の朝を迎えました





写真がブレててなんだかヤバイ感満載です
絶縁もクリアしたので実験に移ります





加速時の画像
1000fpsですがこの一枚にしか写りませんでした

ところがプロジェクタイルは射出されずに詰まりました
この時はサッパリでしたが今では目処が立ってるので改善します
なんで気づきませんでしたかね・・・・

まあ得た物はかなり多いし大きいのですが




う〜〜ん。。。。
中途半端ですが残りは大体データと照らし合わせて載せたいので後日で


最後に低解像度動画です
http://www.youtube.com/watch?v=2qK_LZtufqk
| comments(0) | - | 22:36 | category: 電磁投射装置 |
# 合同実験1日目
どうも!
3連休終っちゃいましたね〜皆様は楽しめましたか?

ぼくはと言うとですね・・・・・・






多分実験をし出してこの方一番楽しんでいたかもしれませんw
と言うよりこの3日間の楽しさを覚えてしまったらしばらく一人の実験が寂しく感じそうです・・・


そうです!
この三日間は遥々飛行機にのって来てくれた方がいまして・・・
しかも弾速と電流波形を計測するためだけに・・・・


今回合同実験に来てくださったのは


黒羽音響技研
http://kstlab.web.fc2.com/
で活動なさっているなさっている黒羽トアさんです



普通じゃ混じらないであろうなんちゃって実験してるぼくと
本物のMakerトアさんでの合同実験です


まず初日には軽い顔合わせも兼ねてミニチュアでも見せることにしました







ここから安全意識の違いを感じましたね・・・・
なによりなによりトアさんが使っている工具は全てキレイに並んでいて
ぼくの工具みたいに油が付着してないです


話を戻しまして今回のスイッチには





有り合わせで作った安全スイッチ付きガンスイッチとサイリスタでいきます

まあ普通に加速もしまして
次にトアさんが製作した弾測計で弾速測定に移ります





散らかりましたね
横のデカイのが場所取ってます




弾測計はこんなに小さくまとまってます
理論上では1000km/sまで測定できると言う優れものです







クレーター作って





10cmを0.84msで移動したので120m/sです


で一射目が
うま〜〜いこと最初のワイヤーの間を通って測定できました
ワイヤープロジェクタイルより小さいのに、、、JAXAでさえ6回しか失敗しなかったのに


1回目でなしとげましたよ!
この何気ないようなことでも腹抱えて笑う二人でした


でトアさん東京から来て貰ってるのに





こんなに持って来ていただけました・・・
もはや申し訳ない・・・


でお土産もいただきまして




黒い箱がトアさんが製作した超低ノイズな電源基板です






凝ってますね〜
基板・説明書説明書とサンクスカードも入ってました





黒基板かっこいいです
あ、ちなみに手の怪我は穴空きました


次に





白ダイオードです
いや〜キレイ、汚い包帯と相反しますね



で時系列はすこし飛びますが






以前作ったソレノイドを使った高速物理スイッチできあがりました
いつもですがスイッチが最後にできるんですよねw

このあとご飯いったり醤油かけたりして一日目が終了しました



測定器具などを置いていってもらったので





いい夢みれました
長くなってしまったので残りは後日と言うことで!



では




 
| comments(2) | - | 22:29 | category: 電磁投射装置 |
# ここでですか
やあやあ

先週思わせぶりに来週完成とかほざいてましたが
ご想像の通り残念賞でした


設計上細部加工のときにいろいろメンドイのもありますが
全部ぎりぎりで作ってるのでポリカが0.2mm厚かったのが大きいですね


まあなんだかんだで昼過ぎに起きたのが原因ですがね(ドヤァ


そう睨まないでください
で起きた時には注文しておいたボルト類が到着していました






いろいろ買いましたね〜





今回の固定に使うボルトです
クロロモリブデンの六角穴つきM12です
強度区分は12.9といままでの鉄クロメートの約2.5倍あります
それでいて今までのボルトより安いあたりさすがネットですね


他にも






リール用にチタンボルトも仕入れときました
時間があるときに替えときます



んで今日は大体の加工をして借り組みしてみました




途中経過







組みつけの際にポリカ分の厚みを潰そうと試みたクランプ・・・
もはやアートですね

一枚だけ4mmに変更して全体の調整をします





全部締めてみようと思ったけどめんどくさくなった写真
早く作らないと合同実験に間に合わないのですが・・・・・


ここに来て設計変更します
サイドからだす予定だったオーグメント用の電極を上下から出します
サイドにするとM6しか使えなくて締め付けトルクが稼げないのが原因ですね〜


はぁ。。。


 
| comments(2) | - | 23:47 | category: 電磁投射装置 |
# 長かったー
どうも
閲覧画面では変わらないでしょうが書き込み画面が変わっててやりにくいです
現に記事一回け消してしまいました





では最近やったことですね





これは充電切り替え用の回路です
写真時はまだ未完成です


ついでにトランスも実験しやすいようにしました





400vコンセントです
Aは1.75位なので発熱的問題はありません






実験中です
このときはピーククリッパで制御してありますが直にする予定です






ミスって溶かしたコンデンサです
いや〜あんなに発熱するなんて


ついでに







本体の外部磁界路の大方の作業が終りましたー
いや〜長かった


M12タップが120箇所切ってあります
これだけの締め付けトルクがあれば十分ですねーたぶん





サイズ比較、上に乗ってるのが懐かしの一号機です
来週には微調整して完成するかもです


さらに近いうちにこの電磁投射装置を使って大掛かりな合同実験があります
おそらく個人レベルでは最高精度でこれまで解析されなかったデータが取れます
楽しみで仕方ないですw



では


 
| comments(0) | - | 20:50 | category: 電磁投射装置 |
# 進まねぇ
 いや〜〜お久しぶりですー
このごろ何にもしてなかったので放置ぎみでした



先週は











ちゃりで







また大分までシェイク飲みに行ってきました
速度アベレージが上がってきたのでそろそろヘルメット被りますかね






他には



2回ほどshowさんと実釣に行ってきました
写真はほとんど無いのですが








荒れてました・・・・・
2回目もそこそこの風が吹いてましたし
天候がいい日に行きたいものです





そして今日久しぶりに地磯に行ってきました
ヒラスズキでも狙おうと思い立ちまして







行ったは良いものの
前回のshowさんと釣りに行ったときの天候が恋しくなるほど荒れてました








こんな中でもしっかりとアクションしてくれるK-TENは優秀すぎます
ホントはテトラ帯を中心に探るつもりだったんですが







いつも渡ってる瀬に波が被りまくってたので諦めました
それで沖の瀬を中心に探っていましたが









まさかのどしゃ降りになって岩の下で雨宿りしてました
もう濡れると寒いですしね







無事雨が上がってそのまま帰宅することにしましたが
まさかの帰りにモロに波被ってびしゃびしゃになりました・・・・


どうせこうなるのなら雨宿りしてないで釣りしとけば良かったです
皆さんも悪天候時の釣行はご安全に〜




後は







ドリルドライバ買いました
ボール盤あったら使わないかなーとか思ってましたが

これはボール盤よりだいぶ用途ありますね(笑
もう手離せないです







ゴミ箱から拾ってきた電源をパラりました
24V20Aという微妙スペックですがきっといつか使うと信じてますはい。






置き場も無いので壁掛けです









本体加工はそこそこ進んでます
急いどけば今頃には出来てたんですがね・・・・・




最近朝晩に冷え込みが来ましたね〜
体調には気をつけましょう



では





| comments(2) | - | 20:00 | category: 電磁投射装置 |
# 急に涼しくなりましたね〜
 




どうも、
最近飼ってるカメがふとってきた気がしてます







まあほっときまして


今回は以前穴あけの終った右側鉄板のタップ切りを終らせました
いや〜長かった、まだもう片方もあると思うと憂鬱ですね








まずボール盤で垂直を出して後からガンガン切っていきます
深さが約33mm切削してあってタッピングがなかなか終わりません


1穴に5分くらい掛かってしまいます
まあ半分は中の切削分をかき出す作業なのですが






まだ未加工の左側鉄板との比較です
なんか写真で見ると錆が浮いてますね






横から見るとこんな所に穴が空いていますが
これが今回のミソになります
あら?2箇所忘れてる・・・・

まあ説明は完成した時にでもおいおいします





それとこの前すっかり書き忘れていましたが






レールが到着してました・・・・・
もう結構前の出来事です




今回は
送電レールに A2017ジュラルミン
加速レールに 無酸素銅



を用意しました。
ジュラルミンの方が10mm厚で銅が2mm厚です
両方とも金額を算出してみると意外と安いものです(特に2mm銅)



まだポリカの到着が先になるので左側鉄板加工は保留になります





さーて、、どっちを先に加工しますかね・・・





では、また






| comments(3) | - | 20:07 | category: 電磁投射装置 |
# なぜこんなにも重いのだろう()
 どもー




昨日の文末を拾って現在の4号機事情を書いときます
まず折れて取り出せなくなっていたドリルビットですが


それなら更に硬い物をぶつけて砕こうなんていう
単純すぎる考えから







先端に超硬チップの付いているコンクリートドリルでゴリゴリしてると



気持ちいいくらいに粉々にしてくれました
いいですね、テンション上がります



ついでに4mmと6mmの細いドリルを






三菱マテリアルの物に変えました
ぼくの使い方が悪いのですが2回連続で折れらたので不安になりまして









ドリル一本一本に取り扱い説明書が同封してるという手間の掛けようです
なんだか安心します








不安要素も消えうせたので
続きに移ります


上部鉄板に







Φ12で穴空けて









ステップでバリとって
右がバリ取りした物で左が未加工です









M12でタップ切ってました







現在の進行状況は
上部・下部鉄板の右側の全穴あけが終了しました

右側鉄板も10.3での下穴加工が終了して
M12タップキリも10箇所ほど終りました・・・・

時間が掛かる・・・・・




にしても机が汚いですね
さっさと作り終わってきれいにしたいものです






今回の加工中に出た切子の一部です
これでもまだ半分も終ってないなんて・・・・何作ってんだろ


本体が終ってもまだ回路に手を加えないといけないので
まだまだ長くなりそうです・・・




では、また



| comments(2) | - | 20:10 | category: 電磁投射装置 |
Powered by TrendPost
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links