釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# HGC-83∞R ストロングマインド着弾
やあやあさーさー
やー大寒波到来だねうん寒すぎて釣りに行く気も起らないよ...うん...


とでも思ったか
そうですショアジギって来ました
ちなみにぼくとhiraさん以外誰もおりません


やーこの竿はキテます
追い風参考ですが120gジグを投げると180m程ラインが出ていきました
まあ投げても釣れないときは釣れませんね(吐血
hiraさんお疲れ様でしたそしてアイス美味しかったです

そうなのです新しい竿をとうとう買ってしまったのです
まあタイトルまんまですな

金曜日に荷物到着の連絡が入りそのまま受け取りに行きました
去年3月に予約してメーカーサイトとにらめっこしながら今か今かと待ちわびておりました
今回買った竿ですが
deps HGC-83∞R The strong mind
これはメーカーからも硬いだの強いだの曲がらないだの言われていましたが
ヒュージ81の時もそんな事を言っておきながらそうでもなかったので
迷いなく予約しちゃいました

持ち帰ってさっそく比較

左からストロングマインド、ヒュージ、スーパーレッドデーモンの並びです
最後のは弟君のですね

バット部比較


ティップ部比較


グリップ比較

ごつすぎるよ...もうカーボンの暴力じゃん...
こんな最早ヒュージさんが華奢に見えてしまうロッドですが
ついでに重量も測っておきましょう

もうすでにグリップにいろいろ巻いちゃってますがバランサー追加前
548gと多分元は490g以下だと思う


まあ許せる範囲でバランサー追加してこんな感じ
数値はかなりな重量になりましたがいざ持ってみると最初より軽く感じれます
まあグリップをわきに挟むスタイルなロッドですから皆さんはお気にせず良いかと


いつも使うリールをセットするとこいつはハラショーな重量だ
1.2圓肇劵紂璽厳時の+300gの重量になってしまいました


お庭で2團謄好肇ャスト
あー余裕だわーロッドからかなりの余裕を感じます
ぼくの方もヒュージでたまにボラとか投げてたので特に無理なくキャスト出来ました
んで昨日今日といろんなルアーとかペットボトルとか投げ倒してきました
結局ペットボトル投げるのが楽しくて1時間くらい投げてましたな
まあそれでインプレと言いますか感想なので流して頂いて結構なのですが

まあ当然ながらヒュージシリーズとはコンセプトがモロに違いますね
曲げて獲る、長時間ファイトもユーザーになるべく負荷を掛けずに優しくサポートしてくれ
軽量ルアーでも比較的柔らかい低弾性カーボンで形成されたティップ〜ベリー部で投げやすいのが
ヒュージさんとしましたら
短期決戦仕様、500g程度でようやくティップが入りだし60gでショアジギでもしようものなら
その圧倒的なパワーで相当な振り抜き速度を出さない限りキャストさえさせてくれない暴君が
ストロングマインドって感じっぽいです
まあ考案者のユウゴさんもそんな感じのこと言ってた気がしたりしなかったり

ぼくのようにこのロッドを磯での大型プラッキング・ジギングとか大遠投で使いたいとお考えの方が
居るかどうか分かりませんが僕からはおススメのロッドです
プラッキングもジャーク時のキレが良く出ますし
ジグもワンピッチジャークで凄いスライド幅が出ました

ぼくのようにヒュージ81だと物足りない、思ったアクションが出せないとお思いの方
きっとその圧倒的な暴力性に満足できること間違いなしですよー
最後にhiraさんと遊んでた時の動画張っときますね
ちなみに風は向かい風寄りの横風でした

ではではー
| comments(0) | - | 21:28 | category: 釣り・道具紹介 |
# カルカッタコンクエスト‘14 200 インプレ
さてですね







さっそく買ってしまいました
カルカッタコンクエスト‘14 200です





第一印象は「小さい」ですかね
旧式のカルコンで慣れていたのも有りますがスバラシイ薄さです

横幅も250DCと比べると二周り程小さくなっているようです


そして薄さを求めつつもリベットの伝統は守っている辺り
かっこよすぎます


そしてこれ





メインギア裏のボディーが樹脂性になっていて
メインギアを透かして見ることが出来ます

いや〜いいですね
スケルトンボディーにし過ぎると個人的に安っぽく感じてしまうのですが
内部構造が少し見えるこの機構は好きです


とりあえずパーミング比較をしてみたのですが






上が250DC下がカルコン14 200です

離れ具合が違うので全く伝わらないよ思いますが
you君の100DCの方に近い感じのパーミングです


あとはSVS-インフィニティ-のテストをしてきたのですが




雨がですね....
1時間ほどは投げてきましたが夜なんでなんだか何とも言えませんでしたね
40mmスプールのお陰なのかサミングはかなりしやすかったです

巻き心地はもう別次元ですね(笑)
250DCでもノイズは少ないと思っていたのですが
これを体験してしまうと....


これからバンバン使い込んでいきます



では


 
| comments(2) | - | 22:56 | category: 釣り・道具紹介 |
# CAD

 今日は、







一日中CADの練習をしてました

CADの経験は殆ど無いのでそんなてきぱきいきませんけどね・・・・・・




「なにか題材になる物はある?」

って聞かれたんで


「いまハマってるものならありますが・・・・」


って応えたらOKもらったんで








レールガン書いてました

下がREGANIS 上が複合レール多段式採用の4号機(予定)です



いろいろ話しているうちに1520mmと当初より300mmほど縮みました
3号機の実験結果次第で変わってくると思います




帰宅後は









明日の帰りにちょっと方財に寄ろうと思いまして
メンテしときました


ベアリングもSicに変えたので







超低粘土オイルも試してみました

これで飛距離が伸びたらいいんですがね〜
まあ飛んでも釣れないのはこの前わかっt・・・・






では、また





| comments(4) | - | 20:36 | category: 釣り・道具紹介 |
# ビッグブルー
 今日は、






帰宅後に電界歪みスイッチのメンテをしてました

今まで3回ほどの射撃に耐えていますが
しょっぱなの一撃のダメージが大きく消耗電極の真鍮が大分小さくなってきました



まあ・・・全然使えますがねw

今回は先端の研磨と高圧電極の調整を・・・・・




ってこんな事別にたいした事ではないんです






問題は帰宅後に渡されたのが













これだってことですよ・・・・・・
大きさの比較に青コンを置いていますが・・・・・・・



ナイスサイズ!!!
DUELから販売されているBig Blue という大型ポッパーです




このプレゼントはYOU君から貰いました


なんでもお祝いだそうで
いや〜最高ですねw





ぼくが目指してるベイトでキハダには絶対に必要なカードですね
ルアーサイズは200mmとそうでもありませんが・・・・








フックはトレブルの4/0バーブレスです

か、、、完璧・・・・以前とあるお店で5/0のフックを見つけましたが
あの頃のぼくには不要でした

オフショアに出て初めて必要性に気づきますね
いままでフックで泣いた魚は多いです・・・・・




こいつを任せられるのはもちろん彼しか居ませんね








相棒のヒュージカスタム H3S-81RFに吊り下げた様子です
5ozなんてオモチャですねw



ヒュージは800gまで投げたことがあります
たしかあの時もYOU君が見てました

ライブベイトでエサ釣りしてた時ですねw
エサはボラでした



また後ろのオフショアコーナーにトップ追加です






良いサイズですね〜
一番左のは500円で買ったジャイアントベイトです

こいつの集魚力はヤバイですよw





いや〜最高のプレゼントですね







YOU君ありがとう!!





では、また








| comments(4) | - | 20:34 | category: 釣り・道具紹介 |
# カルコン250DC+ヒュージ81
 今日は、






朝10時起床でしたw

いや〜、いい睡眠でした




まず、タラバの水槽を掃除してから










いつも使っている相棒の掃除をしました



ヒュージカスタムの方は








このようにグリップの所に熱伸縮チューブを巻いてキャストの時に握る所は少し太めにしています

ついでに板錘を巻いてバランスがリールの所で取れるようにしています



こっちの掃除は拭き掃除なので楽なのですが








こっちは大変です・・・
ついでに施してきた改造の紹介もさせて頂きます。


まず、一目で分かるハンドルノブは、ジギングにも対応できるように

夢屋のアルミラウンド型パワーノブハンドルに変えてあります




次は








こちらのレベルワインダーです

分かる方には分かると思いますが






こちらは純正品から


「11 オシア カルカッタ 200HG」のパーツ表 70,71,72番の物に変えてあります

ちなみに71番はDLC(ダイヤモンドライクカーボン)で出来ていて強度は抜群です



純正品との違いはスプールからの距離が6mm程遠くなる事です



なぜそれがいいのかと言うと





※図が下手ですみません・・・


キャスト時の抵抗が大幅に減るからです

この抵抗はスプールとレベルワインダーとのラインの角度で決まります


通常版ではかなり鋭角になっていますこの時の抵抗はハンパではないです

この絵は大げさですが・・改造版では鈍角になっています


更にダイワのT3ではレベルワインダーを横長にして抵抗を更にへらしています





では










オーバーホールにかかります


ここで、ドラグ部の紹介をします








大体この部分ですね

左から 1,2,3,4,5 と呼ぶようにします

ここで  



んっ?・・・・・と思った方

すごい洞察力です・・・


ベイトリールのドラグ力は

1番のメインギアを3番と4番で挟み込んでその摩擦力で成り立っています



通常は






これが通常の3番です






一方







こればぼくの3番です



実はこの3番







分かれます


この左側の方は、4番です

シマノアフターサービスで4番を別に注文しました



これのおかげで摩擦力が増えてドラグ力が上がります







ここをジギングリールに使われている 
「カーボンクロスワッシャー」を使うと滑りすぎてドラグ力が3kg程になりました・・・・


逆効果です(涙)




オーバーホールの際はメガネ用の超音波洗浄機を使うときれいになりますが
時間が掛かるので








F-0パーツクリーナーで汚れを落としていきます



ちなみに





内部のベアリングにはグリスの方を使用しています
オイルだと最初はいいですがグリスと違って粘度が低いので短期間しか持ちません












ぼくの釣りでは飛距離が命ですので

スプール受け軸のベアリングにはオイルを使います
写真はF-0に漬け込んでゴミを出してる最中です


汚れが落ちたら








組み上げていって








完成です!!


中の汚れが思っていたよりひどくて2時間も掛かりました・・・

REGANISの4倍です(笑)



続きまして




ドラグ力チェックです




※父のお酒です
全部で7キロあります


これを








袋に入れまして(総重量7.5kgです)











持ち上げます


余裕ですww
スプールを指で押さえてるように見えますが押さえてません
(拡大して頂ければ分かると思います)


いつもドラグ部にはグリスを塗っています

これをしますとドラグ力は低下しますが


ラインが出る際に


ぎゅぃぃぃいいいいいいいい〜〜

と連続的に出て行ってくれます


塗らないとドラグ力は跳ね上がりますが


ぎいいっ・・・・ぎいっ・・・・ぎいっ・・・


と断続的になってしまいます・・・・





ここはお好みで調整して下さい。。

これで終わりですが分かりにくい所がありましたらコメントを下さい


可能な限りでお答えさせて頂きます




では、また




| comments(12) | - | 19:44 | category: 釣り・道具紹介 |
Powered by TrendPost
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links