釣りと電子工作とサイクリング

× レールガン
◎ 電磁投射装置
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# トカラでアジング!

※このログでは魚の写真は一切登場しません! そのくせにいっちょ前に長々と今回の体験談を書き綴りますので釣ってから語れと思う方はそのままブラウザバック推奨です!

 

 

 

 

 

ぼくは昔からなんでもかんでもベイトタックルで釣ってました

誰に教えられたからでも無かったし

確かベイトで釣りたいと思ったのは漫画で見たワンシーンからでした

 

当然最初はバックラッシュの連続で毎日の様に家の前の川でキャスト練習してました

当時はサーフや河川、ましてや磯などでベイトアングラーは居らずそのような場所で釣っていると

「スピニングでやれよな」「ベイトは飛ばないから使えない」

「バックラしてるしww」「投げ方面白すぎだろwww」

と隣のアングラーグループの会話が聞こえてくることが幾度となく有りました

 

今のようにソルトキャスティングロッドはほとんどなく

試行錯誤を重ねて少しづつ独特の釣りになって来ました

 

そんな高校時代のある日ネットサーフィンをしていると一枚の画像が目に留まりました

磯で巨大なベイトリールに写真でもわかる太いライン、ルアー、そして膝に抱える巨大魚

理解が追いつかずに暫く画像を拡大しては凝視し数分間眺めていました

それから南の巨大魚GTに心奪われるまではそう長く掛かりませんでした

 

 

 

 

あれから数年ようやく自分にもその挑戦権が巡ってきました

上手く文章に出来ませんがこれから挑戦される方の足掛かりに加担できればと思います。

 

6月の新月の大潮、自分が調べられた中でこれ以上無い状況の日を選び向かいました

フェリーや仕事の都合上自分が挑戦できるのは1日だけ現地で言うとこの”ワンナイト組”と言う奴です

基本的にトカラ列島に渡るには鹿児島本港を出るフェリーとしまに乗船するしかありません

 

乗船前に谷山にある釣具屋さんに寄りお世話になっている店員さんに出発の挨拶を告げました

自分が到着するとすでにアングラーが2名程待合室に腰かけていて

いきなりその風格、厳選されたタックル、覇気と言うかなんというか雰囲気に緊張してしまいました(笑)

 

行先記入や支払いを窓口で済ませ乗船時間の21:00分を待ちます

待合室でスマホを弄っていると続々とアングラーの方がやって来ました

 

そのほとんどが単独の方でもっと大人数でわいわい釣られる方が多いものと思っていた自分には新鮮でした

時間になり乗船を開始します

 

いつかは行きたいと思っていたトカラにようやく挑戦できる そ

れだけで何とも言えない気持ちになります

 

ロッドと大きい手荷物を入口付近の通路に置き割り振られた場所へと向かいます

けして広いとは言えないスペースの中ほとんどの場所が埋まります

 

荷物を置き船内を散策しているとレストランやシャワー室等がありました

取りあえずシャワーを浴び食事は買って来ていたのでレストランの空いたスペースで食事を摂っていました

 

23:00出航です

暫くはスマホで友人らと連絡を取っていましたが0:00の消灯で寝る事にしました

 

 

 

 

朝5時頃船の汽笛で目が覚めました

トカラ列島最初の島、口之島に到着し人の乗り降りや物資の積み下ろしをぼんやりとデッキで眺めていました

早朝にも関わらず風は生暖かく南に来たと実感がわきます

 

 

出航後自分の場所に戻って朝食を摂り自分が目指す諏訪瀬島を待ちます

7時頃に船内アナウンスが流れてきました、待ちきれずデッキに出て島を眺めます

写真で伝えられない深く澄んだ青い潮

ようやく挑戦が始まると思うと気持ちが高まって来てたまりません

 

梅雨前線も過ぎて綺麗な青空が広がっています

 

 

入港 有名な”お立ち台”と言う堤防です

自分の他にもここで降りると思われるアングラーの方が6人ほどデッキでこの景色を眺めていました

写真でもうっすら見えるえげつないリーフエッジに今の自分ではここで掛けても取れない事を確信します

 

 

いよいよ到着のアナウンスが聞こえてきました

荷物を持ち出口側のデッキを目指します

 

画像でしかなかった光景が目の前に実体として広がります

通路に置いていたロッド、大きい手荷物を持ち港に降ります

 

有名な落としダモが置いてあります

 

取りあえず予約していた民宿ヤマキさんを目指すべくコンテナ荷物として預けていた

折り畳み自転車を受け取りに向かっていると声を掛けられました

 

島には3つの民宿の他に2棟のゲストハウスがあるのですが

全てから漁港までの送迎が行われていたようで車までの案内でした

自転車を持って来ちゃってた旨を伝え荷物のみ運搬して頂き

 

 

 

 

自分は自転車で付近散策をしつつ宿を目指したのですが 坂がきつい事きつい事(笑)

 

 

 

ロードバイクも少々嗜むので自信はあったんですけどね

単身なら特に問題ないのですがロッドと荷物を持ったら無理と判断しました

 

宿に着くと玄関に自分の荷物が置いてあったので部屋まで運び荷解きをしました

準備を終えさて漁港まで歩くかと思っていたところ

 

僕の他に宿泊していた方が2名程居られたのですが

その方からレンタカーを借りたので一緒に行動しようと声を掛けて頂けました

これはありがたいと1日間の釣行を3人で行動することに決まりました

 

声を掛けて頂いたのは千葉から来たYさん

トカラ初挑戦で5タックルの内1つにアベットがありハイテンションで色々聞いちゃいましたw

 

もうお一人が山口から新幹線で鹿児島までやって来たトカラ3回目のKさんです

タックルを眺めていると独特のマーブル模様のブランクでした

「もしかして自作ロッド...ブランクってマグナムクラフトです?」と話しかけると色々お話を聞かせて頂きました!

 

現場視察兼肩慣らしのためタックルを詰め込み一つ目の港

切石港に向かいました 夜の舞台になる港です

足場の状況、水深、リーフの確認を存分に行います

港に到着すると既に5人ほどのアングラーと思わしき方が視察中でした

暫くみんなで談笑をしつつ生々しい体験談を聞き気を引き締めました

 

 

その後もう一つの漁港元浦港にやって来ました

今回はこちらが風表側で激しいうねりと風にここでの釣りは無茶だと判断しました

 

座礁したタンカーがそのまま置いてありました

視察を終え民宿さんの昼食時間となったのですが

自分は事前に昼食と朝食をキャンセルしていたのでこのまま切石港側に降ろして

頂きリーフ周りの釣りを開始しました

 

潮が引くと300m程沖までリーフが露になります

安全対策を十分に行いリーフエッジを目指します

 

リーフ上は深くても水深が膝までなのですが

点在するリーフホールやクレバスは水深が数m、リーフエッジに至っては数十mあるので見落とせません

間違ってもウエーダーでは歩かないでくださいゲームベストは必須です

 

今回持ち込んんだタックルはワンタックルです

ロッド リップルフィッシャー ランナーエクシードFSU105BXH リール 

USダイワ ソルティガLD50HS(もろもろ改造品)

ライン ナイロン220lb+SSアシスト40号20m+PE10号275m

 

もし釣りにならない状況になった場合は自分の力不足として諦めるつもりでした

 

 

そう思いつつストライクプロ185Fをキャストしていると唐突にひったくるようなバイト

瞬時にフッキング、3回ほど追い合わせを入れたのちにリーフエッジ対策の為LDを落としリーフエッジに走りました

リーフに張り付いているであろう魚を剥がすためにレバーを上げると魚はそこには折らず遥か遠くに居ました

アジ系じゃない!何だ!!と凄まじく強引な引きに対処出来ずに目の前の背にメインPEが振れた途端にブレイクとなりました

 

こんな場所です 左に見えている瀬より沖、左方向に走られて居ました

自分の経験不足、魚種を間違った判断ミスが招いたブレイクですこんなに走らせてはSSアシストを設けても無意味です

苦い経験となりました

恐らくはイソマグロだと思われます

 

幸いメインPEは少々しか切れておらずSSアシストを組み直して釣りを再開しますが

この後は胸程まであるウツボのみでリーフ釣行は終了となりました

 

ランガンを繰り返したためスマホの万歩計は25000歩を記録していました

あっ、ついでですが島内ではドコモ以外の4G回線は有りませんのでスマホの他に電話用携帯の所持をお勧めします

 

昼食を終え堤防で釣りをしていたお二人と合流し夜の部に向けて宿で準備+仮眠をすることにしました

 

夜の部タックルですと言いましても昼とほとんど一緒ですね

変わった事と言えばリュックからロープが無くなった事と

 

リールのSSアシストが40号→30号にワンランク落ちた事ですね

昼間程リーフエッジ上のやり取りは無いので飛距離重視で挑みます

 

 

自分にとっては唯一の宿の食事です 夜に備えいつもより多めに食べて気持ち体重を増やします(笑)

真ん中のお刺身多分トビウオだと思うんですけどめっちゃおいしいかったです

最初の内は3人で談笑していたのですが終盤は緊張や様々な思いが混ざり口数が減ります

 

 

19時頃に堤防入りしました

既に4人の方が堤防入りしていて釣りを開始していました

自分も梅雨ブギィD7をセットしキャストを開始します

 

 

 

暫く投げていると少し遠くから別のベイトタックルのキャスト音が聞えてきました

音からするとミッドリーダーも入っていてその後のふくらみの音もなく相当な熟練者であることは明らかでした

あまり釣り場で自分から見知らぬ方に話しかける事はないのですが話しかけずには居られませんでした

 

近づいて姿が視認できると大きな方でした

あいさつをするととても気さくに話して頂けました

手が大きくLD30と思いましたがリールは自分と同じソルティガLD50でその上キャスト音で改造していることは明らかでした

 

話を聞くと熊本の方でUZUのニイナさんやホソマッチョスプールの開発者さんとも交流のある

言わば初期からのLDキャスト探究者の方でした

すでに数回目の諏訪瀬遠征とのことですが依然としてGTをキャッチ出来ていない事を教えて頂き事の大変さを再認識しました

ぼくにとってはこの方とお話しできて自分のこれまでの考察とその方の実体験で答え合わせが出来ただけでも

この島に来た価値以上のものです

 

 

その後互いの健闘を祈りまた新月で真っ暗な堤防の空いている場所に戻りました

スマホのISO感度を最大にして写真を撮ってもライトを消せばそこは真っ暗です

堤防のちょっとした段差ですらヘッドライト無しでは分かりません

 

 

そんな中で突然遠くから水面を割る音が聞えました

 

 

 

「食ったぁあっ!!」

 

 

その声が聞こえると同時にほぼ全員がヘッドライトを付けました

その瞬間に堤防上に20人ほどのアングラーが居たことに驚きファイト中のトカラ初挑戦Yさんの姿が目に飛び込んできました

ランディングはアングラーほぼ全員で行います

落としダモを取りに走る方、ヘッドライトで足場を照らしサポートする方

隣に立ちサイズ次第によっては引きずられるファイトになる方の腰を掴み止める方

だれが割り振った訳でも無いですが20秒掛からないですべてが行われました

 

上がってきたのは1m程のカスミアジでした

膝に抱え記念撮影をした後にリリースを行いおめでとうございます!と声を掛けた時のYさんの安堵の表情は今でも思い出します

 

 

その後漁港にトビが入り始め今か今かとキャストを続けていると

漁港から一隻の漁船が出てきましたそこからトビウオ漁が始まったので往復する船の間を縫ってキャストを続けます

1時頃まで漁を行い沖の方に出ていきました

 

我々はどれだけいっても所詮は娯楽です、島の方々には生活が掛かっていますそれに難癖をつけるのは筋違いと言う物でしょう

 

トビウオも人も減って漁港を静けさが包みます

20人ほどいたアングラーも減り2時時点で10人ほどになりました

自分も堤防上で仮眠を取りつつキャストを続けましたが

 

気付けば周りが明るくなっていました

5時に周りを見渡すとYさんとKさんはストップフィッシングしていて堤防に立つアングラーは

自分と熊本のベイトアングラーの方だけになっていました

 

最後にお疲れ様でしたと声をお掛けし自分も民宿メンバーと堤防を後にしました

 

この堤防で真っ暗闇の横風が強く吹く時間もあった中

一晩中LDベイトタックルで釣り続けられた事が今の自分には大切な経験になりました

 

民宿までの車内はとても静かでした悔しさや疲れで疲労困憊している中、民宿でシャワーを浴び帰りの準備をします

ここで寝るとフェリーの時間に起きれる気がしないので睡眠はフェリーまで我慢です

一通り終わってぼーっとしていると座ったまま寝ていました

 

 

 

 

 

 

夢を見ました、まだ暗い堤防に立っていて釣りをしていました

リーリングしていると手元に違和感を感じフッキングしました直後に顎に鈍痛を感じて目が覚めました

現実の体も動いていて左手で自分にアッパー決めていて(笑)

 

ぼんやりした頭の中自然と笑いと涙が出ました

 

 

 

ああ...悔しいなー

 

 

9:30 諏訪瀬島出航です

港まで送って頂きワンナイト組の自分とKさんは島を離れます

カスミをキャッチしたYさんは水曜までの滞在です

 

Yさん「お二人の分もリベンジしますね」

自分「お願いしますね!なんで昨日来んかったって言っちょって下さい笑」

Kさん「もーほんとに、ビンタしといて下さいね笑」

 

島から離れる船を雨の降る中島の方はずっと手を振って送ってくれました

自分とKさんも最後まで手を振り自分のわがままで先にレストランで昼食を取りました

談話をしつつやはり疲れ切っていて目が虚ろです

 

布団に入ると落ちるように眠りに着きました

結局残りの島でなる汽笛の音にも起きる事は無く 気付けは空席の有った就寝スペースも埋まっていました

 

 

18:30に鹿児島港に着きいよいよ2日間一緒だったKさんともお別れです

 

Kさん「来年は来ないんですか?」

自分「ははは、絶対来ますよリベンジです」

Kさん「ではまた来年ですね」

自分「またここでお会いしましょうね!では!」

 

 

 

こうしてぼくの諏訪瀬島釣行は終了しました

色々ありすぎちゃってログが長くなりましたが最後まで読んでいただけたのなら

これ以上の事は有りません

 

 

何年も通いGTを追いかけ続けた方がGTを上げると

その方よりこれまた何年もその姿を見て来た周りの方が泣いてしまうそうです

 

全く持ってその通りだなと今なら分かります

ぼくも来年はファイトくらいには持ち込めるよう準備をして行きます

そしてどうせ掛けたのなら上げられる体も作っていきます

 

ちょっと前後しちゃいますがいずれ準備編も書けたらと思います

 

それでは!

 

| comments(6) | - | 19:29 | category: 釣り |
# あけよろ

超長期間のブログ放置ごめんね!ガチで書くの忘れてたよ!

 

そして明けましておめでとうございます!

ずっと放置してる間に年も跨いじゃったね!グダグダだね!

 

 

最近は大体釣りとかしかしてないよ!

 

 

決して秘境探索とかはしてないよホントだよ!

ポイントへの移動中にサルに襲われたりして新年早々血なまぐさい正月を覚悟したけど

跳びかかってきたサルをストロングマインドでいなして無傷生還を果たしたよ〜

 

ただ爪が当たったのか若干深そうな傷が入ったよ...今はエポキシで補強してる

皆さんも猿の気配を感じたらとりあえず開けた場所に逃げましょうね!

 

そしてしばらく放置してた間にリール陣に新入りが来ました

 

それがこのメタニウムXG君です、MGLを買わなかったのは色々と理由がありまして

ぼく程度のレベルなら旧式で十分なのでこの子で決まりました

巻き上げ量も多いしスプール径もΦ34でバーサタイルだし

きっとこの子なら僕のような改造魔に汚されることも無く純正のまま生涯を遂げられるでしょう!

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

即落ち2コマ漫画ですまことにありがとうございます

若干ゴリ感が有ったのでとりあえず全バラ決定しました!

 

このギア比でジュラルミンギアにこだわるシマノさんまじぱねぇっすわー

押さえ座金を移植すればドラグ力も簡単に上げられるけど

ライトバーサタイルリールだしそこは放置の方向で

 

そしてボディーにはちょっと良く分からないネジが2本

同じボディーを利用した別リール用のネジ穴なのかな?

結構気になってるので詳しい方ご教授お願いします!

 

ゴリ感は消えたと言うかごまかしましてこれでいいや!

って思ってましたが写真の子を釣ったらゴリ感復活

 

 

そして前回記事でオイルコン化するとかほざいてたレールガン組みなんだけどね

進捗ダメです、いやマジでなんもしてませんすんません

 

なんかやってそうな雰囲気でてるでしょ?

これただのメンテナンス風景なのさ

 

なんでメンテをしてるかと言いますとー中学時代の友人らおさんと

なんだかんだで久しぶりに接点が出来て

わやわやツイッてる内に実射を見せることになってんなー

なんでもらおさんいつの間にか電子とかソフトウェア関係の道に進んでいて

 

今ではすっかりマイクロマウサーと化していました

マイコンカー時代が懐かしいねうむ

7年振りに再開した友人がヒューマノイドとかマウスとかしてるって

世の中怖いもんだね〜あとSNSは有能

 

とりあえず今回はこんなところで

次回はもうちょっとスパン短くするよ!多分

 

では

| comments(0) | - | 21:29 | category: 釣り |
# 相棒は棍棒

やあやあどうもどうも

なんかまた台風キテルねー厄介だね

 

てさて今まで礒キャスとかでも酷使して来たストロングマインド君ですが

8.3ftと若干短くおまけにグリップになかなかレングスを持って行かれて

足場が高くなると幾分使いにくいのよ

 

ってな訳でグリップ作りました

15儕篦垢靴謄錺鵝ハーフ化

ストロングマインド88改の出来上がりです!

 

そして完成を記念して...

意外にも初となるオフショアジギングに行ってまいりました

ん?もちろんタックルはいつものですよーやだなー

 

完成記念なのにグリップはノーマルと言うトラップ

タックルデータ

ロッド ストロングマインド83

リール ソルティガLD50HS

ライン PE5号+100lbナイロン

 

当然専用タックルでないタックルでのジギングは地味に辛かったですが

そこはタックルへの愛でカバー

 

力なくしゃくっていると9堋の鰤君が寄ってきました

前に釣ったショア鰤君と違い凄まじい引きでした...これが奴らの実力..

 

その後これまた初となるカンパチもキャッチして今回のオフショア釣行終了です

初めてでキャスティングタックルと言う体たらくぶりでしたが意外にも大丈夫でしたわー

(筋肉痛以外)

 

もちろんロンググリップのテストにも行って来ましたよ

最近ショアキャスロッドを購入したtokuさんの友人のミナさんと

近くのいいポイントまでキャス練に行って来ました

暫く投げてると遠くでボイル

「デカいデカい!あれデカいですよ!!....あっ、あれサメだ」

なんてこともあり何事もなく終了

 

とここで宣伝

実は最近釣り専用ブログサイトfimoでも記事を書き始めました

http://www.fimosw.com/u/aaaajiro

釣りについての詳しい情報はこちらに上げていきます

 

では

 

| comments(2) | - | 20:08 | category: 釣り |
# 久しぶりだね台風だね

やあうんおひさ

最近さーもろもろで時間が無かったんだよねー

嘘、ただ単に億劫だっただけです

 

さてさて前回のシイラ釣行で人生初のジャンボシイラとの対決に

勝利を収めた弟君だったのですがなんと潜り込まれて船底にロッドを

ぶつけた際にコーティングも薄く軽量化された高弾性ロッドにクラックが

入ってしまってましたあちゃー

荒い場所だとやっぱコーティングは大事ですねー

そこで弟君次のメインロッド探しが始まりました

とりあえず僕が昔ヒュージさんに行きつくまでに候補にあがった

ツララのエルホリゾンテ83と最近出たアンドレを

釣具屋さんで試し振りさせてもらいました

やっぱこういう感じのロッドはいいですねー

 

さてさて台風ですよ

いろんな魚たちが元気になる低気圧でしたねーと言う訳であちこち

行って来ましたんで軽く流します

とりあえず夕マズメ時のホーム?河川にやってきました

目が赤い子とかすずきさんとかの高実績ポインツなんです

とりあえず自作ロッドで50cmくらいのヒラスズキ君に遊んでもらいました

痩せ気味で暗かったんでヒラと気づかずに逃がしちゃいました

あー食べたかった

 

そんで昨日は夕方からtokuさんとバス釣りへ

フロッグで釣りたいと事でしたので昔you君と自転車で探索して見つけた

アベレージ50cmの秘境に案内してきました

到着して早々にtokuさんが51cmを一匹キャッチ

フロッグを丸飲みしてました

その後すぐに僕も49cmをキャッチ

何気にストロングマインドでの初バスでした

別用途にしか使ってもらえないストロングマインド君いとかわいそす

この後何度かバイトが有りましたがフッキングまで至らずに終了

2時間無いくらいの釣行でしたがなかなかの釣果です

 

今日も今日でyou君と近くの漁港にカマス釣りへ

場所に着くと人でごった返していたので対岸の突堤で釣り開始

2時間ほどで20数匹の釣果ですカマスはいいです釣って楽しい食べておいしい

丁度youくんと半々くらいの釣果釣果でしたねー

 

低気圧釣行を満喫した週末でしたねー

では

 

| comments(0) | - | 21:03 | category: 釣り |
# 今年もベイトタックルでシイラ釣行とか

やあやあどうもお盆ですね

今年もオフショアシイラの季節がやってまいりました!

待ってたよーこの季節を!去年は 悔しい思いをしたのでリベンジです

 

そして本格的なソルティガLDの実践投入に向けて防錆塗装を行いました

それがこちら

....言わずとも分かりますなんでアルマイトしなかったのって?

めんどいからだねうん、車のボディータッチペンがいい感じに使いやすいので

最近多様してます

組み立ててこんな感じ

前作よりも遥かに高い剛性と可変精度を実現できました

LD特有のスプールシャフトを引き込んで行うドラグ調整の為に

ユニット自体にスリットも設けたので前作程気を遣わずドラグ調整を行えます

可変ダイヤル側

なんか赤い点が着いてるのは塗装ミスではなくフライス盤でミーリングした際

固定が上手く行っておらず吹き飛んだ痕です

あまり傷が悪いものとは思っていないので気にしません思い出です

 

そんなんで準備完了です!

今までのメインタックルヒュージ81+カルコン400がサブタックルになり

ストロングマインド+ソルティガLD50HSがメインタックルになります

出向です

今回の同伴者は弟、you君、hiraさんになりました今年も船長のお世話になります

毎年および頂きありがたい限りです

台風のうねりを心配していましたが驚くほどの凪で

初オフショアの弟もホッとしていました

 

さっそくパヤオ撃ちを始めたのですがトップへの反応が悪く去年の釣行を連想させました

ここでララペン165をダイブさせていた僕にヒットです60冂のペンペンで5秒と掛からず上がってきます

流石ソルティガさん、ミノーで探っていた弟が2番手、hiraさんが3番手となり

一つ目のパヤオ終了です

大型が着いておらず今年こそ大型を獲りたい僕とhiraさんはそちらばかりに目が行ってしまいます

 

その後僕に140僖ラスがヒットしファイトに持ち込んだのですがソルティガのドラグを強くし過ぎ

全くドラグが出ないままフックオフしちゃいました

4ノッチ送れば10堋の設定にしているので3ノッチに抑えないといけないのですが

キャスティングを頻繁に行うのでその辺の確認がおろそかになっていました

 

ここで殺気も覇気も無いけど運はある弟君に大型がヒット

ジャンプの際に140僖ラスと確認しファイト開始です

今まで体感したことのない引きと引き出されていく最大設ドラグのリールに驚きながらのファイトとなりました

途中舵にラインを巻かれましたがもろもろの事情で勝手に外れてくれました

10分ほどのファイトでまさかまさかの勝利を収めました

タックルデータ

ロッド メガバス スーパーレッドデーモン

リール シマノ 15カルコン300

ライン PE5号+ナイロンリーダー70lb

日頃ナマズとタコと戯れてる弟君のファイト後の一言は

「もうナマズに戻れない..」と言う釣廃に片足を踏み込んだ一言でした

 

この後you君もワールドシャウラ15103R+カルコン100DCで30分掛けて120僖ラスを獲り

気合いの入っていた僕とhiraさんはなんとも消化不良諦めた感じでキャストしていますと

終わり間際に僕にヒットですこのタックルで大型を掛けたのがまだ一度しかなかったので

サイズがイマイチ分からずファイトしていましたら2分で上がってきました

130冂のそこそこサイズをキャッチし今回のオフョア釣行終了です

14冂のミノーで釣っていた弟に釣果が集中しました

今年も泡を嫌っているのでしょうかなー

記念撮影

左弟 140 13

右僕 133 12.5kg

まさか一回目のオフョアアングラーに記録を抜かされるとは悔しい

今回の釣行はほとんどウェアブルカメラで撮影していて動画サイトに上げるつもり

だったのですが思いのほか顔が入っていたのでお蔵入りとなりました

しかし弟君の必死のファイトが面白く撮れたのに 惜しい

 

では

| comments(0) | - | 22:05 | category: 釣り |
# タコタコカツオ

やあやあどうも

先週は寝落ちして更新出来なかったよごめんね!

さて沖縄の水泳大会に出場していた弟も帰省してきて案の定釣りに行ってました

写真は弟からのお土産のハンカチです

 

まずは残念なお知らせずっと使っていたララテンをロストしてしまいました

思い入れがあっただけに残念ですが改良点も多かったのでもう一つある

磯パンしたララペンを使って後継機を作っていきましょう

こんな感じ前回のものより派手に壊してしまったのでどうしようか悩みものでしたが

さらなる飛距離upと衝撃によるズレを無くすため発泡スチロールをやめて

ウレタン充填しました

 

それがこちら!

この冬虫夏草に寄生されたみたいな感じの溢れ出しているのがウレタンです

細部を削ってテンヤに縛り付ければ完成!

空気抵抗も減って面白いように飛びますしかしながらロストが怖くて

出し惜しみしちゃうんですよねー

 

最近はやっすいタコベイト使ってます

着々と下がるサイズやっぱララテンで大物狙わないと面白くない!

なんて事を言いながら堤防の反対側を覗いてみると

なんかナブラが沸いてました

同行していたyou君がライナーな弾道でナブラ進行方向にジグを叩き込みますと

40冂のソウダガツオが上がってきました

しかしながらこの時は小型ジグを所持しておらず泣く泣く諦める事になり

 

今回ちょっとリベンジに行って来ました

ジグが軽くストロングマインドでも投げれないことはないのですが精度が出せないため

自作のロングベイトロッドに同行してもらいました

40gのタングステンジグを使いシルエットの小型化と飛距離稼ぎをしましたら

直ぐに釣れてくれました

締めても惰性で動くカツオくんのお陰ですっごい返り血浴びました

250DCのDC基盤がやられているようでブレーキ力が強く掛かり

ライン放出が90m程しか出らずやられたと思っていましたら

たまたま射程距離内で沸いてくれたので運が良かったです!

 

とここからは余談なのですが

250DCの代わりになるリールをここ最近探してましたジリオンTW XXHに落ち着く

つもりだったんですが釣具屋さんで試し巻きをさせてもらって除外しました

次期候補のタトゥーラHDも同様の理由で除外

次はメタマグMGLを考えスペックを見たら深溝スプールさえキャパが少なくて除外

アンタレスは見た目が嫌いなのと価格と性能が合ってない気がして除外

最終的に09スコーピオンXT1500-7に10炎月のパーツを移植するという事で落ち着いたのですが

最近のベイトリールの進行方向がよく分からなくなってしまいました

皆さんはどんなリールをお使いですか?

 

では

| comments(0) | - | 20:55 | category: 釣り |
# やっと2

やあうんどうもね

こっちの方は梅雨も明けて来て暑くなってまいりました

皆さん夏バテには気をつけましょう

 

ここ最近もさらなるサイズアップを狙ってタコハントに出てました

暇を見つけてはfujiさんやtokuさんと一緒に夜釣りにも付き合って頂きました

ほんとありがとうございます〜

しかしそんな釣行回数とは裏腹になかなかサイズが伸びません

釣りを始めればけっこうコンスタントに釣れるんですけどね〜

隣のきびなごおじちゃんが15堋のアカエイ掛けてわたわたしてたので

ランディングして棘の処理とかしてあげたらあげたらいろいろ教えてくれました

 

その内容が先日釣具屋さんで聞いた内容と同じでしたのでこれは行くしかないと

新地開拓に行って来ました

山を越えた先にある漁港でそこの流れ込みポイントにタコがいっぱい居るそうです

なんて聞いちゃったんでウハウハで行ったんですが

まさかの無反応...横に先行者の方が居ましたので荒らすのも悪いと思い移動

 

60m程先の生簀付近を捜索していた時でした

ロッドに若干の違和感が伝わって来たのですがタコっぽくありません

海藻と思い切ろうとしてもなかなか切れません思いっきりフッキングする浮いて来ました

途中までゴミかと思いましたがタコジェットを食らってタコと判明

ゴリ巻きで直ぐに上がってきました

頭の大きさ的に前回の1.8圓茲蠡腓いと思い正確計量してもらった結果

2.15圓任靴拭

やりましたね自己記録更新です

次は3圓鯡椹悗垢それとも教えてもらったクエを狙うか..

 

では

| comments(2) | - | 21:14 | category: 釣り |
# タコ三昧

やあうんどうも

前回のタコ記事以来タコのパターンを掴んでしまって仕事帰りにも

タコを釣るしまつになってしまいました

 

タコやんを使ってますが思ったよりボディー強度があってなかなか重宝してます

しかし時たまに現れる岩陰に潜むデカタコくんには歯が立たず

フッキングした瞬間にタコが岩から剥がれずフックが伸びてしまいました

そこで釣具屋さんで太めの針を買い換装しようと考えながら店内物色してますと店員さんから

「テンヤにおもちゃを巻いて釣れば面白そうじゃないすか?」

的な事を助言してもらいなるほどねと

 

そんなんで夜をふかしながらいじいじしてました

「コロス..タコ..コロ..ス...」

そんな記念すべき一作目がこのタコやんならぬタコチェイサーです

後ろの黒いのは発泡スチロールで水中での姿勢安定に一役買ってます

 

「コロシテ..コロ..シ..t」

二作目はララペンおんざテンヤな一品、ララテンです

磯でミスキャスってパーンッ‼ってなったララペン君を縛り付けたまさに怨念の塊

後ろの貫通ワイヤーがいい仕事してますな

磯では圧倒的な操作性とアピール力を誇るララペンはタコでもその真価を発揮するのかが

見ものです。

ついでにカルコン400のドラグシステムを最大値である14圓望紊欧泙靴

これをすると最低値が4堋になりなおかつあまり緩めるとプレートとボディーが

干渉してしまうので普段は2枚カーボンクロスワッシャーを使って使いやすいドラグシステム

に設定しています

 

さっそくゲテモノを携えてモンスタータコとの対決に向かったのですが

化け物みたいな双胴船がアーム突き立てて根に張り付いてたのでいつものポイントが

使えなくなってしまいました

さすがに船には勝てないので移動してタコチェイサーから試していきます

40m程飛ばしてずる引きやリフト&フォールを繰り返すも反応が無く

サクッと釣ってララテンを試したかったのですがそうは上手く行きません

謎の濁りが原因なのか分からぬまま流れが比較的早いエリアを探してました

その後近い移動を繰り返しようやく流れの淀みを発見しましてん

しかし何度タコチェイサーを通しても反応が無く諦めて帰る前にララテンの

テストだけでもと投げてみました

その空気抵抗の少なさと独特の重心のおかげで驚きの飛距離です

ライン放出で80m程ですので60mエリアが探れます

 

そんな2投目でしたロッドに引きずられるララテンの感覚が伝わってきました

少し送り込んでフッキング&ゴリ巻き開始ヒットポイントが遠いんで緩めると

すぐに張り付かれます

そして無事にキャッチいやーララペンはホントにいい仕事します

足の太さを見て分かると思いますが1匹目よりだいぶ大きいです

計測の結果1.8圓箸覆なかのサイズでした

さすがララペンですタコにも有効とはジャンプライズ強しです

ちなみにテンヤはフックがぐらぐらになって殉職しました悲しいね

あと磯でパーンしたルアーでタコを釣って供養してあげると

なんかほっこりするんでおススメです。

 

では

| comments(0) | - | 21:37 | category: 釣り |
# ストロングマインドでタコ

やあやあホント久しぶりだね

最近さー某プラントの定修でなかなか時間取れなかったのよー

やっと一段落したんで無意味にプチ旅行してきました

無意味に走らされるデミオちゃんかわいそう

ぶらっとドライビングしてたら鹿児島まで行ってました

やった事と言えばホムセン&釣具屋巡りと何してんでしょうね

安くなってたメガバスの10inスイムベイトとshimanoのオフショアプライヤーを購入しました

これでもうアイにスプリットリングを嵌める時に苦労することは無さそうです

途中の釣具屋さんでナマズ情報をキャッチしたんで

これまた無意味に同伴してもらってたストロングマインド+カルコンとキャスト開始するも無反応と

ポイント移動と称して畦道をラリーしてました

水門で釣ってたらバス釣り帰りっぽい中学生に

「あの人マグロでも狙ってんの?」

「いやいや雷魚っしょww」

みたいな会話されてて恥ずかしくなって釣行終了

こうしていいリフレッシュが出来ました

 

そして今日はtokuさんからタコ情報をキャッチしたんで

初となるタコエギなるものを投げてきました

こんな感じで針の下の部分が無く根掛かりを無理やり回収した普通のエギみたいな奴です

ちなみに流れが速い&深いポイントでしたのでウエイトに60gを追加して使ってます

手前側はタコ壺があったり前日にアングラーが居たとの事ですので

早々に見切って好きな遠投に切り替えました

 

そんな3投目でしたリフト&フォールのフォール着底時にググッと

引っ張られる感覚があり抱かせるために送り込んだ後にフッキング

しかし底に張り付いてい様で浮きませんそこでスラッグを一瞬作り追い合わせを入れると

浮いて来ましたよ、岩と共に

抜き上げて港に置くと岩を離して逃亡開始

噛まれないように頭をグイッとしておとなしくなってもらいました

いやータコって力強いんですね驚きの腕力

ちなみにこの一匹でタコエギ君は殉職しました

 

この後tokuさんに報告すると塩を持って駆けつけてくれましたw

塩もみして暫く一緒に釣ってましたがその後はダメでした

こうしてストロングマインドの凄まじいブランクパワーを

改めて体感出来た一日となりました

 

では

 

| comments(2) | - | 20:31 | category: 釣り |
# こいこいよ!
やあうん
始まりましたねゴールデンウィーク
まあやる事も釣りくらいなんでソルティガ君のスプール重量でも測ってみました
ちょっと重すぎでは

スコーピオン1000XT君より重いやんけ
どうりで立ち上がりが重たい訳ですわー

まあそんな事は置いといて
この前ナマズ釣りに行きましたら

でか鯉君が釣れました
ボガグリップで測定したら20lb(約10圈砲鮖悗靴討泙靴燭諭
結局ナマズは釣れませんでしたとさーそういえば弟君は釣ってましたね


今日も投げ釣りに行って来ました

久しぶりに家族4人でファミリーフィッシングです
前半は7色辺りでアタリが集中したので遠投が出来る僕に釣果が集中していましたが
後半になると近場まで来て皆ぽろぽろ釣れだしました

スピンパワーSCのBX+を使ってますが結構曲げれるようになりましたねー
ってかストロングマインド硬すぎますねー

釣果はこんな感じ
やっぱ釣って美味しい魚は釣っていて楽しいですねー

では
 
| comments(2) | - | 22:39 | category: 釣り |
Powered by TrendPost
Profile
profilephoto
Comments
Mobile
qrcode
Powered by TrendPost
カウンター
ブログパーツUL5
潮見表
カウンター
Search this site
Sponsored Links